こんにちは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

 

 

背番号21番になった清宮幸太郎、歴代選手に注目してみました。

 

 

最近の野球業界ニュースで最も話題になっているのが、清宮幸太郎選手の日本ハムファイターズ入団ですよね。ドラフトから注目していましたが、過去には大谷翔平選手を獲得したりと「くじ運」がかなりいいです。。正直巨人ファンの私にとってはあまり日本ハムファイターズ入団は残念なニュースとなりましたが、未来を背負う大型新人を陰ながら応援したいと思います。

 

 

ところで、日本ハムファイターズ入団の記者会見で発表された背番号ですが、21番になったそうですね。私もそこそこ野球は観ますが歴代の日本ハムファイターズで背番号21番を誰が付けていたのか記憶にありませんでした。なので、今回清宮幸太郎選手の背番号になった「21番」を過去につけていた歴代選手について調べて見ました。

 

スポンサードリンク




 

清宮幸太郎の背番号は21

 

 

その前に今回清宮幸太郎選手が背番号「21」を背負った理由ですが、日本ハムファイターズのスカウト部長である大渕さんは、「色のついていない番号でと考えました。」と言っています。つまり、日本ハムファイターズでは付けた選手はいないってこと??っと一瞬疑問がよぎりました。

 

 

また、大渕さんはメジャーリーグで活躍した名手ロベルト・クレメンテ氏が背負った背番号として願いを込めたとも言っています。やはり、日本ハムファイターズ自体には背番号21に対する過去の思い出はなさそうなニュアンスですね。

 

 

日本ハムファイターズ、歴代背番号「21」の選手とは?

 

 

色々調べて見ると、しっかり過去に背番号「21」を付けた日本ハムファイターズの選手はたくさんいらっしゃいました。別の番号から21番に変更したり、別の球団から移籍して21番を背負った選手もいましたが、これまで少なくとも7回は21番を背負った選手は存在します。

 

スポンサードリンク




 

年表にするとこんな感じになります。

 

 

1958-1968 土橋正幸選手 ※背番号「48」からの変更

 

 

⇒50年くらい前の選手なので「誰??」って方が多いと思いますが、当時日本歴代4位となる無四球試合数を誇った名投手です。無四球試合が多いとコントロール重視な投手をイメージしますが、土橋選手はどちらかと言えば速球投手だったみたいですね。

 

 

1969-1980 高橋直樹 ※日本鋼管より新入団

 

 

⇒次に21を背負ったのが高橋直樹投手です。この方も無四球試合数が多く、当時では、歴代9位になっています。1950年から1980年までの日本ハムファイターズ背番号「21」は、コントロール抜群な名投手が背負っていたようですね。

 

1981-1984 高橋里志 ※広島カープより移籍

 

⇒その後に背負ったのが同性の高橋里志選手です。この方も投手になりますが、1982年にはタイトルも獲得する程の中心選手で、防御率1.84は驚異的な数値ですね。中継ぎ、先発選手の谷間の補てん選手として活躍されました。あまり、情報が無かったのでここはサラッと流しますが、高橋里志選手の後1年だけ三沢淳選手が背番号21を付けることになります。

 

1987-1997 西崎幸広 ※愛知工大より新入団

 

 

⇒日本ハムファイターズの背番号「21」で忘れてはいけないのが、西崎投手です。私は巨人ファンですが西崎選手は存じ上げていました。日本ハムファイターズを代表するエースですからね。野球ゲームでも大変お世話になりました(笑)。ご存じの方も多いかと思いますが、西崎選手はノーヒット・ノーランも達成されており、1988年には最多勝も獲得しています。実力ももちろんすごかったですが、ルックスも非常に良くて女性ファンが多かったのが印象的ですね。

 

2003-2017 武田久 ※背番号「54」からの変更

 

 

⇒西崎選手の後に1人別の選手が背番号21になってから、今年2017年まで21番を背負ったのが武田投手です。リリーフエースとして長年君臨して活躍された選手です。小柄ながら日本ハムファイターズを支えていましたが、膝の具合を悪くし、2017年に退団が発表されました。

 

 

背番号21の歴代選手を振りかえった感想

 

 

 

いかがだったでしょうか。個人的には、冒頭で私が疑問に感じていた大渕さんの不可解な発言の意味が何となく分かったのでよかったかなと思っています。お気づきかもしれませんが、

 

 

日本ハムファイターズにとって背番号

「21」は、エースナンバーのような

もので「投手」が常に付けていた番号

 

 

になります。

 

 

日本ハムファイターズの野手にとっては「色のついていない番号」となり、清宮幸太郎選手が初めて野手として付けるという意味では、相応しいのかなと思いました。清宮選手が日本の野球業界に新しい風を吹かしてくれることを期待しています。

 

 

もちろん、東京オリンピックでの活躍もですけどね(^^)/

 

スポンサードリンク




 

↓↓あなたはこの記事にも興味があるはず!

 

 

>>清宮幸太郎が阪神に入団予定って本当!?

>>清宮幸太郎の評価低いってマジ!?

>>大谷翔平は努力家なのか?