こんばんは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

横浜国際総合競技場はオリンピック会場です!

 

 

サッカー好きの人は周知の事実だと

思いますが、横浜国際総合競技場は

2020年東京オリンピックのサッカー

会場の1つになっています。

 

 

こちらの記事でも紹介していますが、

全部で7つの会場が既にサッカー会場

として予定されておりまずが、まだどの

会場でどの対戦カードが行われるかは

分かっていません。

 

 

 

対戦カードが発表されても慌てないように

今のうちに横浜国際総合競技場について

情報を収集しておきましょう。

 

 

この記事では横浜国際総合競技場に

これから行く人、行く予定がある人

に必要になりそうな情報をまとめま

した。参考になればうれしいです。

 

スポンサードリンク




 

横浜国際総合競技場へのアクセス方法はこれ!

 

 

 

 

横浜国際総合競技場へのアクセス方法を

パターン別に分けてご紹介します。

 

 

●電車で行く場合

 

 

 

 

電車で行く場合、3つの最寄り駅があります。

 

 

1つ目は、

JR新幹線・JR横浜線経由新横浜駅です。

 

 

横浜国際総合競技場までは徒歩14分に

なります。新横浜駅は新幹線が通って

いるので地方からお越しの場合は

おすすめです。

 

 

子供やお年寄りの場合は徒歩14分は

少々遠く感じるかもしれないので、

その場合は3つ目の選択肢を選びましょう。

 

 

2つ目は

横浜市営地下鉄経由の新横浜駅です。

発着場所が新幹線や横浜線経由とは

少し違うので横浜国際総合競技場

までの距離も徒歩約12分となって

います。

 

 

横浜市営地下鉄を普段利用されて

いる方は地下鉄経由がおすすめに

なります。

 

 

3つ目は

JR横浜線の小机駅です。

 

 

小机駅から横浜国際総合競技場まで

は徒歩7分と電車で行く場合最も近い

駅になります。

 

 

新横浜駅からも乗り換えで行くことが

出来ますが、徒歩5分程を乗り換えるか、

徒歩で行くかの選択肢になります。

 

 

●バスで行く場合

 

 

 

横浜国際総合競技場の最寄りバス停は

日産スタジアム前」になりますが、

バスの場合も3パターン行き方があります。

 

 

1つ目が横浜市営バスの300系統です。

JR新横浜駅もしくは横浜市営地下鉄の

仲町台駅から乗車可能です。

 

 

2つ目が東急バスの網72系統になります。

JR新横浜駅もしくは横浜市営地下鉄の

仲町台駅、東急東横線の綱島駅から乗車

することが可能です。

 

 

3つ目が東急バスの直行便になります。

東急田園都市線の溝の口駅から直行の

バスが出ているようです。

 

 

地方からバスでスタジアムまで行く

場合は、1つ目か2つ目のパターンが

行きやすいと思います。

 

 

付近に住んでいる方で乗り換えが

スムーズにできる方は3つ目の直行便

はストレスフリーでスタジアムまで

行くことが出来ますね。

 

 

●車・バイク・自転車で行く場合

 

 

横浜国際総合競技場には、

車・バイク・自転車の駐車場が設置

されているので、通常であればこれら

の方法で会場に行くことは可能です。

 

 

しかし、オリンピックのような大きな

大会の場合は道がめちゃくちゃ混雑する

場合があるので、予定通りの時間に到着

できるか分かりませんし、駐車場が満車に

なってしまう可能性もあるので、

オリンピックの時は、電車かバスで行く

ことを強くお勧めいたします。

 

 

せっかく購入したチケットが無駄になって

しまったらもったいないですからね。

 

 

横浜国際総合競技場の収容人数は何人?

 

 

 

横浜国際総合競技場の収容人数ですが、

客席数は全部で72,327席になります。

 

 

そのうち車椅子用の座席が147席に

なります。あまり知られていないですが、

この収容人数は日本のスタジアムで最大

の座席数になります。

 

 

日本最大の席数を誇っているにも

かかわらず、前席との間隔は90センチ

あるので、ゆったりと観戦できる

スペースも確保されています。

 

 

ドリンクボルダーも各席についている

ので、買った飲み物の設置も問題なさ

そうです。

 

 

横浜国際総合競技場は公衆無線LANが使用できる!

 

 

 

私はこの記事を書くにあたって知った

んですが、横浜国際総合競技場には

無料で使用できる無線LANがあります。

 

 

当初は1日60分のみの使用だったん

ですが、平成28年7月より無制限で

使用できるようになったそうです。

 

 

これは日本人はもちろん外国人に

も非常に喜ばれるサービスですね。

 

スポンサードリンク




 

横浜国際総合競技場って駐車場は無料?有料?

 

 

アクセスのところで少し触れました

が、横浜国際総合競技場へは車や

バイク、自転車などの乗り物で行く

ことも可能です。

 

 

ただし、駐車場の使用について注意

が必要なので、その辺りをご紹介して

おきたいと思います。

 

 

●車の場合

 

 

スタジアム周辺に計3つの駐車場が

完備されています。それぞれの駐車場

基本情報は以下になります。

 

 

・第一駐車場

 

営業時間:7:00-22:00

台数  :427台

料金  :二時間400円(乗用車)

     ※超過30分ごとに100円

     二時間1,200円(バス)

     ※超過30分ごとに300円

 

 

・第二駐車場

 

営業時間:7:00-22:00

台数  :100台

料金  :二時間400円(乗用車)

     ※超過30分ごとに100円

 

 

第二駐車場は大型バスの駐車場が

無いため、料金設定もありません。

 

 

・第三駐車場

 

営業時間:7:30-22:00

台数  :136台

料金  :二時間400円(乗用車)

     ※超過30分ごとに100円

     二時間1,200円(バス)

     ※超過30分ごとに300円

 

●バイク・自転車

 

 

バイク・自転車の場合、駐輪場が

全部で5つあります。どの駐輪場も

無料で使用することが出来ます。

 

 

営業時間は7:00-22:00になります。

 

 

スタジアムを囲んで各地あるので、

空いている駐輪場を探す際はスタジ

アムを1周すれば網羅出来そうです。

 

 

余談ですが、最近私が気になっている

駐車場サービスがこちら。

 

↓↓

 

 

オンラインで駐車場が予約出来るので、

いざという時は使えるかもしれません。

 

 

特にオリンピックなどの大きな大会が

開催されている時に評判が高いようです。

 

 

上記akippaから新横浜駅周辺で検索したら

普通に数件駐車場情報が出てきました。

 

 

横浜国際総合競技場と日産スタジアムの違いは何?

 

 

 

けっこう疑問に感じている方は多い

と思いますが、横浜国際総合競技場

の事を日産スタジアムと呼ぶことが

あります。

 

 

実際どちらも同じスタジアムを

指していますが、何故2つの呼び名

が存在するのかご存じですか?

 

 

この理由について書きたいと思います。

 

 

元々は横浜国際総合競技場という名前で

サッカーグランドとして運営していました

が、ある日横浜市が横浜国際総合競技場

の命名権を売りに出したことにより、

別の名前を設定する必要が出てきました。

 

 

そこで、

 

 

横浜国際総合競技場

 

 

をホームスタジアムとしている

横浜Fマリノスの親会社である

 

 

 

日産自動車から日産スタジアム

 

 

という名前に変更になりました。

 

 

しかし、

日産スタジアムはFIFA・AFC主催試合が

多く開催されるスタジアムでもあったん

ですが、スポンサーが日産自動車以外の

スポンサーがついている為、

 

 

公に日産スタジアムと呼べなく

なった背景があったんですね。

 

 

なので、

結論は正式名称は日産スタジアムで、

スポンサー契約の関係で横浜国際総合

競技場と呼ぶ場合もあると思っておいて

問題ないでしょう。

 

 

【まとめ】横浜国際総合競技場について

 

いかがだったでしょうか。

 

 

横浜国際総合競技場について色々

調べると意外な事実を知ることが

出来て面白かったですね。

 

 

収容人数が日本最大であることや、

別名日産スタジアムについての裏話

も知ることが出来てよかったです。

 

 

無線LANが無料で無制限使用できる

のも手厚いサービスだなという印象

を受けました。

 

スポンサードリンク




 

■関連記事情報

 

 

>>【東京オリンピック】サッカー会場はどこ?全7会場について調べて見た!

>>東京オリンピック2020のバスケ会場はここ!

>>武蔵野の森総合スポーツ施設について調べてみた!

>>東京オリンピックのサーフィン会場ってどこ?