こんばんは。

東京オリンピックの会議室室長です。

 

 

東京オリンピックの

オフィシャルオンラインショップは、

このブログを運営してからちょくちょく商品

をチェックするようになりました。

 

Tシャツやトートバックなど、日ごろから

使える商品が多く揃えられていますが、

ちょっと変わった商品もあります。

 

 

 

 

これ何だと思いますか?

 

 

実は、スカーフなんですね。

 

 

商品名としては風呂敷なんですが、他にも

色々使える用途があったり、価格が予想

以上に高額だったりするんですが、それには

ちゃんと理由があります。

 

 

そのあたりをこの記事でご紹介して

いきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

東京オリンピックグッズのスカーフの秘密

 

 

 

 

この商品の正式名称は、

 

東京染小紋 風呂敷クロス

といいます。価格は11,800円になります。

サイズは70センチの正方形サイズです。

 

 

素材は絹を使用していて、エンブレム作者でも

ある野老朝雄氏がデザインを手がけました。

 

小池都知事も東京オリンピックのスカーフを使用

 

 

実は小池都知事にも、会見でさりげなく

首に巻いていました。

 

 

 

 

小池都知事似合ってますね。

品のある顔立ちと立ちふるいをされるので、

何を着ても付けてもお似合いです。

 

後ほど詳しくご説明しますが、

良質な素材を使用しているので、

ツヤがあって、綺麗ですよね。

 

 

東京オリンピックのスカーフは小紋染め

 

価格が1万円以上しますが、その理由は

伝統技術を利用して、良質な素材を使用

している為です。

 

東京染小紋と呼ばれる室町時代までさかのぼる

技術を使用していて、その中でも伝統工芸士と

して有名な富田篤氏が制作されました。

 

 

 

 

富田篤氏ご本人もご出演されていますが、

今回東京オリンピック限定で製作された

スカーフ製作工程を紹介されています。

 

おそらく見てもらった方が東京染小紋の

良さは分かって頂けると思うので、

お時間ある時にでも見て下さい。

 

 

東京オリンピック限定スカーフの使い方

 

 

このスカーフのサイズは70センチ四方の

正方形ということもあり、色々な場面で

使用することが出来ます。

 

 

・ネックスカーフ

・品物を包む風呂敷

・テーブルクロス

・ストール

 

 

これら4つの使い方が可能です。個人的には

小池都知事のようにスカーフとして使用して、

ある程度期間が過ぎたらテーブルクロスや

風呂敷として使用するのがいいと思います。

 

 

良いサイズなので、自分オリジナルの使い

方で他にも使い方があるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

東京オリンピック限定スカーフは販売中?

 

 

東京オリンピック限定スカーフですが、

公式オンラインショップで購入可能です。

 

購入可能ですが、現時点(2017/5/6)では

残念ながら売り切れになっています。

 

どうやら、年始に小池都知事が記者会見で

このスカーフをつけていたことで、話題に

なって品薄状況になってしまったようです。

 

入荷した際は連絡してもらえるようになって

いたので、気になる方は公式サイトを確認して

みて下さい。

 

 

 

 

東京オリンピック限定スカーフまとめ

 

 

いかがだったでしょうか。値段だけを見ると

ちょっとお高い感じはしますが、

 

東京オリンピック限定であること、

 

良質な絹を使用していること、

 

室町時代から続く伝統的な小紋染めで

製作されていること

 

 

を踏まえると納得のお値段かなと思います。

 

 

参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

■関連記事

 

>>東京オリンピック限定ネックストラップが欲しい!

>>東京オリンピック限定ナンバープレートが話題に! 

>>東京オリンピックでオメガが選ばれた理由

>>東京オリンピックはアシックス一色?