こんばんは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

東京オリンピックの主役は競技をする選手の

方々ですが、我々一般人も東京オリンピックに

参加する方法があります。それがボランティア

活動として参加する方法です。

 

 

もちろん条件はありますが、オリンピック選手

になるよりかは遥かに難易度は低いです。

 

 

ということで、この記事では東京オリンピック

で募集しているボランティアの情報をまとめて

みました。それなりに細かく調べてみたので、

ボランティア活動に参加したい、どんな活動し

ているの?って思っている方には、参考になる

と思いますので読んでみて下さい。

 

スポンサードリンク




 

東京オリンピックのボランティア募集情報まとめ

 

 

 

 

あまり情報が多すぎるとまとめきれなくなる

と思いましたので、以下のポイントに絞って

ご紹介したいと思います。

 

 

・募集時期

・ボランティアの種類と活動内容

・応募条件

・募集方法・選考方法

・研修受講

 

 

重要ポイントばかりなので、しっかり

押さえて下さいね。

 

 

募集開始時期

 

 

まずは、募集時期です。一般の募集は正確な

日付は決まっていないですが、2018年の夏ごろ

を予定しているそうです。

 

 

色々調べましたが募集時期に関してはこれくら

いの情報しか今はありませんでした。時期が

近付いたら詳細の日程等が公表されると思い

ますので、それまで少々お待ちください。

 

 

ボランティアの種類と活動内容

 

 

 

 

まず、ボランティアの種類ですが、大きく

分けて2つあります。

 

 

1つ目は「大会ボランティア」です。

 

 

大会ボランティアは大会運営に直接関係する

活動がメインになります。以下のような活動

内容があります。

 

 

・会場内誘導・案内

・ドーピング検査

・ドライバー

・スタッフ受付

・ユニフォーム配付

・メディア対応 サポート

・言語サービス

・選手団サポート

・物流サポート

・物品貸し出し サポート

・持続可能性活動 サポート

・ID 発行サポート

・競技運営サポート

・医療サポート

 

 

2つ目が「都市ボランティア」です。

 

 

国内外の旅行者に対する観光・交通案内等を

行うことがメインになります。直接外国人と

関わるので、コミュニケーション力が必要です

し、臨機応変な対応ができる人材が必要になり

ます。

 

 

個人的に興味があったのが大会ボランティアの

「ドーピング検査」ですね。シビアな空気が

漂っているとは思いますが、中々ドーピング

検査に立ち会う機会は無いと思うので、一度は

体験してみたいですね。

 

 

あとは選手団サポートですかね。世界的な有名

選手のお世話が出来るだけで光栄に感じてしま

います。

 

スポンサードリンク




 

応募条件

 

 

応募条件は大会ボランティアと都市ボランティ

アで微妙の異なりますので注意してください。

確定の条件では無く方向性や案になりますが、

以下です。

これから更新される可能性もあるので参考までに。

 

 

■大会ボランティア

 

 

<応募の方向性>
①平成32(2020)年4月1日時点で満18歳以上の方
②ボランティア研修に参加可能な方
③日本国籍を有する方又は日本に滞在する資格を有する方
④10 日以上活動できる方
⑤東京 2020 大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方
⑥お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

 

<生かせる経験や資質面>
①オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方
②スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験がある方
③英語やその他言語のスキルを活かしたい方

 

 

■都市ボランティア

 

 

<応募の方向性>
①平成32(2020)年4月1日時点で満18歳以上の方
②ボランティア研修に参加可能な方
③日本国籍を有する方又は日本に居住する資格を有する方
④オリンピック・パラリンピック期間を通じて、5 日以上(1 日 5 時間以上)活動できる方
⑤東京 2020 大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方
⑥お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

 

 

<生かせる経験や資質面>
①東京の観光、交通案内等に関する知識やスキル・経験を活かしたい方
②防災・防犯・救命救急等に関する知識を活かしたい方
③英語やその他言語のスキルを活かしたい方

 

 

注意して頂きたいのが、どちらのボランティア

も2020年4月1日時点で満18歳なので、募集時期

に18歳でなくても大丈夫です。微妙な年齢な方

はしっかり確認しておいて下さい。

 

 

また、活動日数も異なります。

大会ボランティアの方が2倍長く設定されて

いるのが特徴ですね。

 

 

募集方法・選考方法

 

 

 

 

募集方法に関してはこちらも検討段階なので

正式ではないですが、原則はWEBで応募が可能

みたいです。都市ボランティアは郵便での受付

も視野に入れているそうです。

 

 

WEBに関してはユーザビリティを考慮して、

スマホ等からもアクセスできるWEBページを

検討していて、募集ページで募集してきた人

がどんな人物か把握しやすい画面を検討して

いるらしいです。

 

 

募集が始まったらとりあえず、募集ページを

興味本位で見てみたい気持ちが出てきました。

 

 

選考方法は書類選考、面接を実施するみたい

です。なんかアルバイトや就職のような感じ

なので、ちょっと緊張しますね。若いうちに

こんなボランティアに参加してたら、就職活

動の時に有利になるかもしれません。

 

 

そういった目的で応募される方も

いらっしゃるのでしょうかね。

 

 

研修受講

 

 

 

 

私自身はまだ公的なボランティア活動に参加

したことないので、普通が良く分かりませんが

東京オリンピックのボランティアには研修が

あるそうです。

 

 

ボランティアで研修すごいですね。種類として

は、共通研修、リーダシップ研修、個別研修が

あります。

 

 

共通研修はその名の通りボランティア参加者が

全員必要な基本知識を身に着ける為の研修で集

合研修やe-learningでの実施を検討しているそ

うです。

 

 

また、リーダシップ研修はボランティアグルー

プのリーダに選ばれた人が受ける研修でリーダ

ーシップを養う研修が検討されています。

 

 

個別研修は各々が役割を全うする為に必要な

スキルを役割別に習得する研修です。

 

 

これらの研修を受けるだけでも勉強に

なりそうですね。

 

 

いかがだったでしょうか。まだ検討中の内容が

多かったと思いますので、最新情報を入手した

らまた更新したいと思います。

 

 

↓↓ボランティアのユニフォームについて

 

 

>>東京オリンピックのボランティアユニフォームの評判は?

 

 

↓↓ボランティア活動について更に詳しく!

 

 

>>東京オリンピックのボランティア活動ってどんな活動?

 

スポンサードリンク