こんにちは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

ga

 

 

東京オリンピック開催に向けて様々な

準備が始められていますが、その1つに

標識があります。

 

 

海外の方がたくさんいらっしゃるので、

日本語やローマ字表記のみだと、混乱

することは間違いないでしょう。

 

 

特に関東では今後そういった外国人対応が

増えてくると思いますが、早速いくつかの

標識が変更されるようなので、現時点で

分かっている内容をご紹介したいと思います。

 

 

日本人にとっては、見慣れた光景だった

標識が変わるので、事前に確認して、変更

後に混乱しないように気をつけて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

車で運転中よく見かける標識がオリンピック仕様に

 

 

 

 

上記は神奈川県の例ですが、英語表記が

ローマ字からちゃんとした(?)英語に

変更されるようです。

 

 

確かに外国人からしたら「koen」と書かれて

いても分からないと思いますが、「park」と

書いてあれば、公園があるんだってことが

認識しやすいですもんね。

 

 

 

 

こちらも「おもてなし」の一環ですかね。その

地方に住んでいるならわかりきっている通称

名称も表記してあげれば、周りの人も伝えや

すいと思いますね。

 

 

 

 

個人的にはこのピクトグラムを表記するの

はすごいわかりやすいなぁと思いました。

運転中は運転に集中したいので、パッと

絵で判断できる記号を追加してあげるのは、

外国人の方には助かるのではと思いますね。

 

スポンサードリンク

 

地図記号も東京オリンピック対応で標識変更

 

 

 

 

上図は既に外国人向けに変更が決定している

地図記号の一覧になります。いかがですか?

 

 

神社記号とか温泉記号は、

 

 

正直どこが変わったの?

 

 

っていう印象でしたが、ホテルとか交番とか

は完全リニューアルって感じですかね。

 

 

これまで使用していた地図記号がいきなり

消えて無くなることはないらしく、しばらく

は併用して使用するらいしですが、統一案

とかも今後出てくるかもしれないですね。

 

 

 

 

番外編:地名等の英語表記ルールや寺院マークの標識

 

 

番外編になりますが、これまでお伝えした

標識以外にもこれらの地域名や標識に新しい

ルールが出来るようですね。

 

 

富士山

 

⇒「Mt.Fuji」

 

 

一般的な自然地名(「川」とか「山」)の

地形を表す箇所を英語に変換するルールで表記

するようで、例は以下のような感じ。

 

 

荒川

 

 

⇒ARAKAWA RIVER

 

 

月山

 

 

⇒Mt.Gassan

 

 

富士山は例外みたいですね。まぁ世界遺産

にも登録されているので、特別扱いされて

いるのでしょうか。

 

 

また、こちらは不採用になった案ですが、

寺院のマーク「卍」がナチスを連想してしまう

とのことで、三重塔のマークに変更すべき

では?という案がありました。最終的には

三重塔では逆に混乱するのでは、卍マークは

寺院マークとして尊重すべきという意見が

あり、見送られたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

警察は地図記号だけでなく交番の表記も変更

 

 

警察の交番マークが外国人用標識が作られる

ことをご紹介しましたが、実際の交番にも

警察と分かりやすくするように、

 

 

「Police」

 

 

というステッカーを交番に貼ったり、パトカー

やバイクにも同じようなステッカーを貼る対策

を始めているようです。

 

 

ちなみに、こちらの対応は現在

(2017年3月25日)静岡県で実施されている

ようです。今後は他県でも同じような対策が

されるのかもしれません。

 

 

しっかり表記することで、外国人が警官、警察

が近くにきていることが、アピール出来るので、

抑止力にもなると思います。

 

 

今後も東京オリンピック関連の標識変更情報が

あれば、随時更新していきますね。

 

 

※2017年4月22日更新

 

↓↓新しい案内記号が発表されました

 

 

>>東京オリンピックに向けて案内記号が15個増えたのでクイズにしてみた

 

 

災害標識、あなたは知ってましたか?

 

 

>>災害標識って何?外国人向けのおもてなしの1つです。

 

 

 

最後まで、

読んで頂いてありがとうございました。