こんばんは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

 

 

群馬県にある川場村ですが、東京オリンピック

において、アメリカのホストタウンになって

いることはご存じでしたか。

 

 

そもそもホストタウンって何?って方もいると

思いますので、ちょっと記事にしてみました。

 

スポンサードリンク

 

川場村がなったホストタウンって何?

 

 

ホストタウンとは、東京オリンピック開催前に

来日してくれる外国人が事前に合宿する環境を

提供して協力することです。国単位で日本各地

がホストタウンに選ばれていて、川場村は

アメリカのホストタウンに選ばれました。

 

 

ホストタウンに選ばれると、当然メディアに

取り上げられるので認知度が上昇することも

ありますし、おもてなしが成功するとオリン

ピック終了後も交流を持ち続けれる可能性も

出てきて、観光等による経済効果が見込める

メリットがあります。

 

 

ホストタウン川場村!どんなとこ??

 

 

 

 

場所はこのあたりです。

東京を中心と考えるとけっこう遠い印象です。

 

 

 

川場村へのアクセスは?

 

 

 

調べた感じ、アクセスは車が無いとかなり

不便ですね。JRの沼田駅からタクシーで30分

なので、タクシー代も馬鹿になりません。

 

 

東京駅から沼田駅までも新幹線を利用すると

片道所要時間2時間で往復1万円、在来線で

行く場合は約3時間で往復約5000円です。

 

 

結局タクシーを利用すると、往復1万以上は

ほぼ間違いなくかかるでしょう。

 

 

自動車で行く場合は練馬ICから90分でこれる

ので高速代の費用がかかるとしても、圧倒的に

自動車の方が利便性は高いと思います。

 

スポンサードリンク

 

川場村のおすすめ観光スポットは??

 

 

 

 

川場村のおすすめ観光スポットは、結論は

 

 

 

自然

 

 

だと思います。

 

 

例えば、ぶどう、ブルーベリー狩りや

リンゴ狩り、渓谷や滝、ダムや橋など

自然に触れあう施設やスポットが基本的

におすすめとされていました。

 

 

冬にはスキー場がいつくかあるので、

スキースポットとしても有名です。

 

 

また、日本百名山にもなっている、

 

 

武尊山

 

 

は一度登ってみたい山の1つです。

標高も2158mとそこそこ高いです。

 

 

 

川場村は日帰り温泉が熱い!

 

 

川場村には6つの有名な日帰り温泉スポット

があって、可能であればすべて回っておきたい

場所になります。

 

 

・ふじやまの湯(桜川温泉)

・湯郷 小住温泉(小住温泉)

・温泉民宿 福寿草(川場温泉)

・かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

・緑渓の湯宿「とくさ」(川場温泉)

・ホテル田園プラザ(川場温泉弘法の湯)

 

 

田園プラザかわばはとりあえず行くべし!

 

 

車で来られた方は是非行くべきスポットが

 

 

田園プラザかわば

 

 

 

です。公式ページにもうたい文句になって

いますが、一日遊べる道の駅になっています。

 

 

・かわばグルメを堪能できる

・かわばの野菜や物産などの買い物ができる

・ビール工房で作られたビールを飲める!

・工作や陶芸体験が出来る

・温泉や宿泊施設もある

 

 

また、時期によって限定イベントも開催されて

いるので、運よくイベントが開催されていたら

1日田園プラザかわばで遊ぶことが出来そう。

 

 

アメリカ人がこの自然豊かな川場村を気に

入ってくれることを願うばかりです。

 

 

そして、このホストタウンになったことを

きっかけに川場村の認知度があがり、観光

スポットとして、有名になるようにもっと

PR活動もしてもいいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

■関連記事

 

 

>>武蔵野の森総合スポーツ施設について調べてみた! 

>>東京オリンピックグッズの販売店はどこ? 

>> 東京オリンピックの選手村、その後はどうなる?