こんにちは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

 

 

バスケットボールの競技種目は一般的に

5人×5人をイメージしますが、東京オリン

ピックでは、3×3も競技種目として採用が

有力視されています。

 

 

正式な決定は本日の夜にされるらしいのですが、

ちょっとフライングをしてこの記事を書いて

います。

 

 

私自身も中学時代からバスケットボールを

していたので、東京オリンピックの競技種目に

3×3を導入してほしいと思っています。

 

 

ところで、意外に知られていないんですが、

3×3と5×5の競技の違いって何なので

しょうか。正直、経験者の私も明確な答え

は知りませんでした。

 

 

コートが狭い??

ストリートバスケットの延長?

 

 

くらいの知識しかありませんでした。

せっかくなので、今回3×3と5×5の

ルールの違いをまとめてみたので、参考に

してみて下さい。

 

スポンサードリンク

 

バスケットボール、3×3と5×5の違いとは?

 

 

 

 

とりあえず、ネットで色々調べて見ると

めちゃめちゃ分かりやすい図で比較して

くれてるサイトがあったので、そちらの

比較図をお借りしたいと思います。

 

 

(※JBA(日本バスケットボール協会)の公式

サイトなので、変なサイトから情報を入手した

わけではないので、ご安心下さい。)

 

 

↓↓引用:http://www.japanbasketball.jp/3×3/

 

こんな感じで分かりやすく比較してくれています。

 

 

細かい所、すべての違いを確認したい方は上図

をしっかりと確認して下さい。

 

 

答えがすべて載っています。

私にとってはカンニングペーパーになりました。

大変参考になる図をありがとうございました。

 

 

この中で気になったというか、へぇと思った

のが、チーム構成ですね。3×3の場合、交代

メンバーを含めて4名しか選定出来ないので、

交代要員は1名しかいないことになります。

 

 

その分、試合時間は10分と短いので、短期

決戦になっている模様です。また、3×3の

場合ファウルの回数に制限が無い事も特徴の

1つだなと思いました。

 

 

5×5の場合は個人で5回ファウルをすると

退場扱いになるので、注意が必要でしたが、

3×3の場合は、よっぽどスポーツマンシ

ップに反したファウルをしない限りは、退場の

心配はありません。

 

 

まぁチームのメンバー構成が4名なので、退場

メンバーが複数人出てしまうと、試合になりま

せんからね。

 

 

また、ハーフコートで試合をするので、

リバウンドを獲ってから一度ボールを

ツーポイントラインまで戻す必要が

あるのも特徴の1つです。

 

 

なので、コートは5×5と比較すると小さいの

で、疲れないと思われがちですがそれは間違い

ですね。リバウンドを獲る、相手からボールを

奪う度にツーポイントラインまで戻って試合を

再開しないといけないので、運動量は自然と

増えていきます。

 

 

30代を過ぎたおっさんにはちょっとハードル

が高いスポーツなのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

3×3のバスケが東京オリンピックの正式種目になってほしい!

 

 

 

 

もう直に東京オリンピックの全種目が正式に

決まります。前評判だとバスケの3×3や柔道

の男女混合が有力視されていますが、結果が

どうなるのか楽しみです。正式に3×3が種目

に決定した場合は、競技場や選手についても

このブログでご紹介していきますね。

 

 

※なんと、この記事を書き終わって投稿しよう

とした直前に3×3のバスケが正式種目になる

ことが決定しました!

 

 

おめでとうございます!!

(誰に言ってんだ??(笑)とりあえず日本の

バスケファンに向かって叫んでみました!!)

 

 

スポンサードリンク

 

■関連記事

 

 

>>東京オリンピックのバスケットボールは3×3?

>>東京オリンピックで実施されるボルダリングってどんな競技?

>>東京オリンピック2020の日程で「へぇ」と思ったこと

>>東京オリンピック種目の追加競技を改めてまとめてみた