こんばんは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

 

 

梅雨のシーズンに入って、気分が落ち込みや

すくなる時期ですが、皆さんは元気に生活して

いますか??

 

 

私が社会人新人の頃は、まだ学生気分が抜け

きっていなかったり、入社した会社に対しての

不満とかで、色々悩んでいましたね。

 

 

また、転職もそのころは考えていて、個人的

には体を動かす、スポーツに関する仕事に就き

たいなぁとも思っていました。

(現職は全然違うことをしていますが。。)

 

 

で、先日の記事でも書いたんですけど、また

最近やっぱり転職したいという気持ち強まり、

スポーツに関する仕事に転職する方法を調査

しています。

 

 

きっと学生時代に運動部に所属していた方は、

スポーツ経験を活かせる仕事に就きたいと考え

る方も多いのではないでしょうか。

 

 

この記事では基本のおさらいになりますが、

新しくスポーツに関する仕事に就きたい方、

つまり就職・転職を検討している方がやるべき

こと7つをまとめました。

 

 

とりあえず、

何から始めたらいいのか分からない、

どのような順番で転職活動を進めていこう

か迷っている

 

 

といった方は参考にしてみて下さい。

 

 

スポーツに関する仕事に就きたい人がするべきこと7つ!

 

 

1つ目:どんな仕事があるのか調査する

 

 

まずは、スポーツに関する仕事って何がある

のか調査することからスタートすることに

なります。漠然とスポーツに関する仕事と

いっても、抽象的すぎてそこから先に進めま

せん。

 

 

より具体的な職業をイメージしましょう。

思いついた職業分だけリストアップしても

いいと思います。私が思いついた限りでも

これくらいは出てきました。

 

 

・スポーツインストラクター

・体育教師

・スポーツ審判員

・ライフセーバー

・スポーツジャーナリスト

・スポーツカメラマン

・リハビリトレーナー

・スポーツ用品店の店員

 

 

また、すこし路線が外れますが、スポーツに

関する仕事って幅が広いので人によっては、

スポーツメーカーの営業とかもスポーツに

関する仕事の部類に入ると思います。

 

 

こんな感じで自分が想像する就職・転職先を

イメージしましょう。

 

 

2つ目:興味のある仕事に対して徹底的に調べ、自問自答する

 

 

 

 

 

次にピックアップした仕事に関して

徹底的に調べましょう。

 

 

・どんな企業があるのか

・求められる資格はあるのか

・給料、福利厚生は許容範囲か

・転勤はありえるのか

・具体的な仕事内容

 

 

これらの基本的情報をまとめておきましょう。

実際担当者に聞くときや就職・転職サービスで

情報を収集するときにもこれらの情報をまとめ

ておけば、効率的に自分が求めるスポーツに

関する仕事を見つけられると思います。

 

 

このタイミングで自分に対して自問自答を繰り

返して、本当に自分がしたい仕事なのか納得が

できるまで調査しましょう。

 

 

3つ目:自分のしたい仕事が出来る企業があるのか調べる

 

 

 

ある程度、2つ目の情報収集が出来たら更に

深い部分に切り込んでいきます。いくつか

ピックアップした自分の条件に合いそうな

企業の仕事内容を更に調査します。

 

 

今回の想定は「スポーツに関する仕事」という

テーマが予め決まっているので、ピックアップ

した企業は本当に自分がしたい仕事に就けるの

かリサーチしましょう。

 

 

例えば、スポーツ用品店の店員でもお客様と

接客する仕事がしたいのに、事務員を募集して

いたら本来したい仕事から離れてしまうかも

しれません。十分に注意しましょう。

 

 

4つ目:就職・転職サイトで企業を調べる

 

 

ここまでご紹介した1~3つ目の作業はネット

に力を借りて作業をした方が効率的です。

 

 

世の中には数多くの就職・転職サービスが存在

していますので、自分に合ったサービスを選び

ましょう。

 

 

まだ、具体的な仕事内容や条件が決まっておら

ず、情報収集を目的とする場合は、大手就職・

転職サービス(リクナビとかリクナビネクスト

等)を利用した方が掲載されている企業件数も

多いのでお勧めです。

 

 

また、この記事の最後にもご紹介しますが、

スポーツに関する仕事とある程度絞っている方

で就職・転職を考えている方は、

 

 

スポナビキャリア

 

 

という転職エージェントサービスが

個人的にはおすすめです。

 

 

>>スポナビキャリアについてはこちら

 

 

5つ目:気になった会社にエントリーする

 

 

これまでの工程を順調に進んできた方は、気に

なった企業にエントリシートを送る作業になり

ます。エントリーまでまだ進めない方も焦る

必要はありません。

 

 

自分の人生を左右する大事な選択となるので、

納得するまで悩んで決めて下さいね。

 

 

これまでエントリーシートを書いたことが無い

方は、意外と手間取ると思いますので、ある

程度余裕をもってエントリーシートを作る時間

を見積もりましょう。

 

 

このエントリシートを突破出来ないと次の面接

まで進めないので、しっかりと求められている

内容を書けるように準備しましょう。

 

 

6つ目:履歴書の作成し、応募する

 

 

エントリーシートまで書けた方は履歴書の作成

もする必要があります。エントリーシートと

似たいような部分がありますが、エントリーシ

ートは自分をPRする為の資料、履歴書は自分の

経歴を要約するものというイメージで作成する

と、書き方や内容も差を付けれると思います。

 

 

履歴書もエントリーシート同様、自分が希望する

スポーツに関する仕事に就く為の重要な資料と

なりますので、何度でも書き直して納得いく

履歴書を作成して下さい。

 

 

7つ目:日程調整後、面接を受ける

 

 

 

 

エントリーシート、履歴書の作成が完了し、

企業の目にあなたの存在が目に留まったら、

次は面接になります。

 

 

合同面接の場合は日程は企業側が指定すること

が多いですが、転職等個人的に転職活動をして

いる場合は、面接の日程調整もしないといけま

せん。複数の企業とやりとりをしている場合は

ダブルブッキングにならないように十分注意し

て、余裕のあるスケジュール調整をして下さい。

 

 

就職・転職活動は大変!覚悟をもって活動しましょう!

 

 

これまで、就職・転職活動をしたことがある方

なら十分理解していると思いますが、

 

 

就職・転職活動は大変です。

 

 

 

 

新社会人として初めて就職活動をするなら、

大勢でやっていますし、多少のミスもある

程度なら許容範囲となりますが、転職活動の

場合はそうもいきません。

 

 

企業側はある程度のスキル、社会経験を求めて

きますし、転職活動をしている本人も時間管理

が大変です。

 

 

現職の仕事があるので中々転職活動に時間が

割けず、結局転職を断念してしまう方が多く

いらっしゃいます。スポーツに関する仕事に

就きたいと思っている方の転職活動には、

以下のような弊害があると思います。

 

 

・就職、転職活動が初めてで要領が分からない

・現職が忙しく転職活動に集中できない

・面接に自信が無い

・履歴書作成等、書類作成が苦手だ

・自分に合った企業が分からない

・スポーツに関する仕事を見つけるのが難しい

 

 

これらの弊害を自分一人で解決できる自信が

無い方は、スポナビキャリアに相談してみると

新しい選択肢が広がるかもしれません。

 

 

次項でもう少し概要をご紹介したいと思います。

 

 

スポナビキャリアはこれらの弊害を一緒に解決してくれます

 

 

前項で書いた弊害は誰もが思う弊害ばかりだと

思いますが、一人で解決しようとすると、諦め

てしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

新社会人は就職することが目的なので、気合で

乗り切れる場合もありますが、転職活動の場合、

現職があるので、最悪転職しないという選択肢

もあるので、諦めるハードルは低くなってしま

います。

 

 

ですが、人生一度きりなので、自分の納得した

仕事をしたいですよね。少なくとも私はそう

思います。

 

 

もしあなたが今就職・転職活動に興味がある、

活動中だが、断念しそうという方は、

スポナビキャリアに一度相談してみましょう。

 

 

スポナビキャリアはスポーツ経験を活かした

転職活動をサポートする転職エージェントに

なります。完全無料で利用できますが、

サービス内容は有料級です。

 

 

以下がスポナビキャリアの概要です。

 

 

■体育会系出身のコンサルタントが転職活動の方針を1からサポート

 

 

スポナビキャリアの場合、体育会系出身の

コンサルタントが自分に担当として付いて

くれるので、色々な相談が出来たり、

アドバイスを受けることが出来ます。

 

 

体育会出身のコンサルタントなので、これまで

のスポーツ経験を共有して、相談者の気持ちを

理解しやすい環境が整っています。

 

 

■面接や履歴書の作成アドバイスを実施

 

 

履歴書の作成が苦手だったり、面接に抵抗を

感じている方も多いと思いますが、

スポナビキャリアでは、そういった方を対象に

履歴書の作成方法のアドバイスや面接の仕方

などをアドバイスしてくれる環境が整備され

ています。

 

 

高校卒業、大学卒業後に面接や履歴書作成を

あまりせずに仕事についた方とかには心強い

サービスです。

 

 

■エントリシートの作成や面談の日程調整も対応

 

 

転職活動に集中できない要因の1つに現職が

多忙で転職活動に時間を割けない方も少なく

ありません。スポナビキャリアでは、転職

したい本人以外でも出来ることでもある

エントリシートの作成、面談日程の調整を

コンサルタントの方が実施してくれるので、

転職活動をしている本人は、履歴書作成や

面接に力を集中することが出来ます。

 

 

ここまでのご紹介で、スポナビキャリアの

サービスが気になった方は、

以下が公式サイトになりますので、トップ

ページから会員登録後、初回面談の日程を

調整をし、転職活動のスタートが可能です。

 

 

>>スポナビキャリアの公式サイトはこちら

 

 

もう少し詳しく知りたい方はこの記事で更に

スポナビキャリアについて詳しく書いてみた

ので、よかったら読んでみて下さい。

 

 

>>スポナビキャリアって何?口コミは?