こんばんは。

東京オリンピック会議室室長です。

 

 

 

 

最近、禁煙ブームがさらに加速的になって

おり、喫煙者の肩身がどんどん狭くなって

いるようですね。この流れに更なる拍車を

かける話題が出てきたので、シェアします。

 

 

東京オリンピックと受動喫煙防止対策

 

 

健康増進法改正案の一環で受動喫煙防止対策

の強化が予定されているようです。これまで

も受動喫煙に関しては、話題が出ていたので

すが、「たばこのないオリンピック」を目標

にしている国際オリンピック委員会の要望が

強まっているからなんですね。

 

 

オリンピックが開催される東京、日本は先進

国の1つですが、多くの先進国では屋内全面

禁煙が法律で制定されている反面、日本は、

努力義務になっている現実がありました。

 

 

WHO(世界保健機関)からは、何とも情け

無い話ですが、日本の受動喫煙防止対策を

「世界最低レベル」と位置づけています。

 

スポンサーリンク




 

飲食店・ホテル業界は全面禁煙に反対意見多数

 

 

 

 

受動喫煙防止対策が広がるということは、

多くの施設で「禁煙」を意味します。

 

 

しかし、飲食店やホテル業界からは「待った」

の声が多いようですね。現実的な面で、完全

に禁煙することで売り上げが減るリスク、

完全分煙施設を作ることによる、費用リスク

が理由になります。

 

 

で、これは飲食店、ホテルを利用する立場

の我々の喫煙者の意見も同じです。

 

 

やはりこれは、「お酒」を飲む場、休息

場所に「たばこ」の需要がまだあることと、

必要性があるということになりますね。

 

 

私も以前たばこを吸っていた人間なので、

正直気持ちは分かります。仮に屋内完全禁煙

になった場合、多くの居酒屋が禁煙となり、

滞在時間の減少⇒売上減少が予想されます。

 

 

スナックやバー、キャバクラ等の夜のお店は

更に被害が甚大になりますので、死活問題と

言っても言い過ぎではないでしょう。

 

スポンサーリンク




 

受動喫煙防止対策の妥協案は?

 

 

 

 

個人的には受動喫煙防止対策を推進していく

ことは、賛成です。元々たばこが健康に害が

あることは間違いないので、受動喫煙の機会

はなるべく少なくしたいですからね。

 

 

いっそのこと、無害のたばこを作ってもらえば、

だれも文句はないでしょう。むしろ健康を増進

する成分が配合したたばこなどが発明されれば、

「善」になります。

 

 

まぁ、夢物語を語ってもしょうがないので、

現実に話を戻しますが、

 

 

先日、厚生労働省が規制強化の「たたき台」を

作成したところなので、詳細はまだ不明ですが、

禁煙場所で喫煙した違反者には過料などの罰則

を適用する方針らしいので、飲食、ホテル業界

の方は、今後の動向も十分チェックするように

した方がいいと思います。

 

 

今のところ良い妥協案はなさそうですが、今後

受動喫煙防止対策の推進派、反対派の衝突が

増えれば、何かしらの妥協案が出るかもしれ

ないですね。

 

 

東京オリンピック会議室では、今後も禁煙対策、

受動喫煙防止対策についてリサーチします。